You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大杉峡谷 20140503

三重県にある秘境、大杉峡谷。今回は、山友達に誘われ行くことになりました。
さすが秘境!と思わされることが多々あり、楽しかった。
ひさしぶりの山。気持ちのよい山歩きになりました。

大杉谷登山口~桃の木山の家~七ツ釜滝~堂倉滝手前 往復


登山口から数分でこんな感じ・・・ ワクワクさせられる





P1010661140503.jpg




きちんと整備されて歩きやすい
P1010662140503.jpg




シシ淵
P1010664140503.jpg
これが見たかった!




P1010669140503.jpg





シシ淵から見えていた滝上部
P1010671140503.jpg



深い谷に立派な吊り橋が架けられています。
P1010676140503.jpg





山の家到着。立派な小屋です。
P1010677140503.jpg








小屋から約30分で七ツ釜滝。
P1010679140503.jpg




なんだか荒々しい感じになってきました。
P1010680140503.jpg




滑らないよう気をつけて歩き、鎖もたよりにして、、、
P1010682140503.jpg




崩壊地を登っていきます。
P1010683140503.jpg






P1010684140503.jpg
透明度がスゴイ!泳いでいる魚も見えます




堂倉滝まで見に行こうと思ってたけど、なんだか疲れてきたので引き返しました。
P1010688140503.jpg




P1010689140503.jpg






P1010690140503.jpg
もちろん帰りも気をつけて、、、






P1010691140503.jpg





P1010695140503.jpg





P1010697140503.jpg






P1010699140503.jpg

今年、ようやく大台ケ原まで開通したばかりの道を歩く事ができて良かった。
ゴールデンウィークとその事が重なってか、にぎわってました。
次は夏山!













スポンサーサイト

槍ヶ岳 20131012-14 No.2

天気も最高やし、双六までがんばらないとー!!!








P1010575131013.jpg






朝登った道を下に見ながら…
P1010579131013.jpg






P1010582131013.jpg
やっぱり絵になる







P1010585131013.jpg
なかなか遠いなぁ~ 疲れてきた…





でも振り返ればすばらしい眺め
P1010597131013.jpg
噂通り樅沢岳からの眺めは最高!




そんなとてもとんがってる槍に対し・・・








P1010601131013.jpg
のっぺりした双六岳!大好き!




鷲羽岳方面
P1010602131013.jpg






テント場も盛況。
P1010609131014.jpg
この日は結露も全くなく快適に過ごせました





あとは小池新道を下るだけ
今日も穏やかな朝
P1010613131014.jpg
風がない分昨日より温かく感じる





P1010618131014.jpg
霜柱のじゅうたん




いつもは雪田のところが、、、
P1010619131014.jpg
ベンチあったんだー





ようやく朝日!
P1010615131014.jpg






P1010620131014.jpg
私のカメラと技術ではこれがいっぱいいっぱい。
この場所でじっと待ち構えていたおじ様カメラマンの撮れ具合が気になります





笠ヶ岳につづく稜線、まだ歩いた事ないな
P1010623131014.jpg






P1010626131014.jpg






P1010627131014.jpg






P1010634131014.jpg







P1010637131014.jpg
最後までくっきりはっきりの槍ヶ岳。
次はキレット… かな…









槍ヶ岳 20131012-14 No.1

一日目 新穂高温泉~滝谷出合~槍平小屋(テン泊)
二日目 槍平小屋~千丈分岐点~飛騨乗越~槍ヶ岳~西鎌尾根~双六小屋(テント泊)
三日目 双六小屋~鏡平山荘~新穂高温泉

 





初日天気予報通り曇り。







紅葉はちょっと楽しめたかな・・・
P1010529131012.jpg




滝谷を見上げる
P1010532131012.jpg
厚い雲で覆われています




雨がパラパラっと降る事もあったけどレインジャケットを着る事無く小屋に到着できた。



P1010535131012.jpg


テン場に着くと雨が降ったりやんだり。そんな中昼寝していてふと起きると、テントが雨漏り。初めての事でショック、、、でした。
ブラックダイヤモンドのテントで、天井のシーム剤がはがれていたからのようでした。



朝起きると、夜の冷え込みでテントが凍りバリバリに!
この日もテントを使うので出来るだけ水分は無くしておきたい。なので2人でバサバサと、周囲に迷惑にならない程度にテントを振ってみると、中から雪玉ができるくらいの量がでてきました。






ヘッデンを着けて少し歩くと明るくなってきました。
P1010537131013.jpg






P1010538131013.jpg





どんどん上目指します
P1010542131013.jpg





今日は良い天気
P1010541131013.jpg





ようやく飛騨乗越に到着。ここまでくると槍が近い。
P1010547131013.jpg
この辺りで、昨日槍ヶ岳山荘まで登ったご夫婦と話をすると、途中から吹雪で大変だったらしく、槍に登るのも所々凍っているから気をつけてね、と言われました。






遠くから見ると登りも下りも人がいっぱい!
ガシガシ登ります
P1010550131013.jpg






P1010558131013.jpg
みんな、登った順番に記念撮影。



西鎌尾根がんばってあるきましょう!
P1010552131013.jpg





P1010553131013.jpg




気持ちいい~~~
P1010560131013.jpg






P1010569131013.jpg
下りは大渋滞、、、でした






P1010571131013.jpg
双六はまだかーまだかーと思わされた西鎌尾根…


つづく


















八ヶ岳 20130921-22

一日目 美濃戸口~美濃戸山荘~北沢~赤岳鉱泉(テン泊)
二日目 赤岳鉱泉~硫黄岳~横岳~地蔵尾根~行者小屋~南沢~美濃戸口



予想外。
こんなにも八ヶ岳に登る人が多いなんて…。

美濃戸口からの車道歩きがパスできると思っていたのに、am10:00ごろ着いたら林道入り口には”満車”の張り紙がされていて進入出来ず、美濃戸口の駐車場もすでに満車だったので車道の端に駐車した。
そして車道歩きからのスタート。行きはいいけど、帰りがね… ま、しょーがない。





赤岳を目指す人が多いからか、北沢は南沢より静かな気がした。




気持ちイイ空
P1010489130921.jpg








ルンルン気分♪♪♪
P1010491130921.jpg






P1010494130921.jpg



赤岳鉱泉にテント泊は初めて。
小屋下の平らなところに張ったら、翌日朝、小屋のお風呂掃除でもしたのか、一気に大量放水がありテント浸水。私達のと2~3組のテントに水が流れてしまっていました。排水されているところは要注意です。








翌日。まずは硫黄岳へ
P1010497130921.jpg
人いっぱいの硫黄岳





P1010498130921.jpg






北アルプス
P1010499130921.jpg





赤岳~阿弥陀岳と南アルプス
P1010502130921.jpg






P1010503130921.jpg





稜線歩き楽しいな
P1010508130921.jpg





P1010509130921.jpg







P1010511130921.jpg
富士山もきれい








横岳と阿弥陀
P1010512130921.jpg





P1010516130921.jpg

ガスがかかってきました





P1010514130921.jpg






P1010515130921.jpg








P1010518130921.jpg
地蔵尾根を下る







行者小屋前にはたくさんの人!
P1010521130921.jpg








P1010522130921.jpg
ナナカマド  
移ろう季節















白馬・唐松・五竜 20130810-13 No.2

快晴三日目
北アルプスの山々。黒部ダムも発見!槍ヶ岳も!
P1010412130812.jpg




もちろん剱・立山も、ぜ~んぶまるみえ。
P1010418130812.jpg
気持ち良すぎ~~~、ぼーっと眺めていたい。けどそういう訳にはいかないので、どんどん進みます。




ここからは、よそ見してちゃ危険です。
まずは天狗の大下り。
P1010420130812.jpg




滑りやすいので注意しながら、、、
P1010422130812.jpg






核心部といわれるⅡ峰北峰への登り
P1010427130812.jpg
人いるのわかるかなぁ~







P1010431130812.jpg
無事通過。
岩場の登りは楽しかった、下りが苦手な私は天狗の大下りの方が気を使ったな~






やっぱり剱、いいね
P1010432130812.jpg





休憩しながらずっと剱・立山が見える
不帰ノ嶮はⅢ峰まであるのでⅢ峰かと思ってたら唐松岳到着

P1010438130812.jpg






今日を振り返り、がんばったがんばった、と自分をはげます
P1010442130812.jpg







今日は五竜テン場までがんばるぞ
P1010437130812.jpg












唐松山荘出てすぐのクサリ場
P1010446130812.jpg







P1010449130812.jpg







休憩多めになってきた。それにしてもジリジリ日差しがきつい、、、
P1010450130812.jpg
(実は、首の日焼けがすごかった私。
日焼け止めがちゃんと塗れてなかったみたいで、Tシャツとの境目がクッキリ…
なので、寝る時も首が熱をもっているからか寒さを感じる時が一度もなかった。
熱ある時は首を冷やせと言われているけど、その逆バージョン?(笑)と思わされた出来事。)





もうちょい、、、
P1010455130812.jpg






唐松岳を振り返る
P1010458130812.jpg







P1010459130812.jpg
順調にテン場に到着。出来るだけ平な場所を選びテントをはる。
「五竜登る?」の会話などなく、二人してまったりすごす。








P1010465130812.jpg




一番の楽しみと私は言っていいほど流星群を楽しみにしていたので、期待して就寝。





P1010463130812.jpg
このお月さまも沈み、3時ごろが見頃(?)というのをネットで調べていたので、前後30分ぐらい眺めていたら、大小20コくらい観る事が出来た。ひさしぶりの満天の星空にうっとり。






最終日、下山です
P1010468130813.jpg





白馬方面
P1010469130813.jpg





五竜岳方面、「今度は登るからね」と言い残して帰ります。
P1010470130813.jpg






疲れてます。けっこう膝ガクガクなんです。砂地で滑りやすいので注意。
つまずいて吹っ飛びそうになる事数回。でも転んだらアウトなので慎重に・・・
P1010475130813.jpg






P1010481130813.jpg
大好きな鹿島槍ヶ岳






P1010483130813.jpg
遠見尾根から見る五竜岳は荒々しくてかっこよい






P1010484130813.jpg
信州側からは遠望できず。




天狗平で会ったおじ様、無事日本海をみれたかなぁ、槍ヶ岳まで10日間の旅と言っていたお兄さん無事下山できたかなぁ

楽しい思い出いっぱいで、充実した4日間!
白馬楽しい山だったな。











« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。